ABIKOそーらんアスカ組プロィール

                                     結成のきっかけ・経緯

 2002年2月 《NPO法人あびこ子ども劇場》の地域交流事業の一環として結成し 同年4月7日 生涯学習センター『アビスタ』のオープニングセレモニーで 『♪南中そーらん』 を初披露しました。当時TVドラマで全国的にブームとなった『♪南中そーらん』 を踊りたいという仲間が60名以上集まってのスタートでした。

    2008年4月には 《あびこ子ども劇場》 から独立し 現在も活発に活動を続けています。 

                                   草創期の苦労話

 結成当初は60名以上のメンバーで 練習場所がとても狭く感じました。今のアスカ組の人数を思うと 夢のような大所帯でした。しかも踊りの振りも難しく 4月のイベントに向けて野田・柏・松戸の子ども劇場の方々に指導していただき 毎週必死に練習しました。

 

                                    アスカ組の目指すもの

 楽しく元気に踊ることは勿論ですが、見てくださる方々にも笑顔&元気を感じてもらえたら嬉しいです。それには もっと感動していただけるような力強い踊りを 皆が踊れるようにしっかり練習していきます。2002年に誕生して以来 随時メンバーを募集しています。草創期の頃以上に 多くの仲間で踊ることを夢見ています。

 

また2007年にはアスカ組オリジナル曲《♪よさこいアスカ》もでき 『印旛YOSAKOI祭り』 では チームワークの良さが認められ 見事敢闘賞を受賞しました。新しい曲に挑戦していくのも目標の一つです。

 

  2017年(平成29年)アスカ組オリジナル曲2作目となる《♪飛鳥夢祭》ついに完成!更に成長したアスカ組を見て頂きたいと思います。

 

                                   アスカ組の特色

 幼児から大人まで幅広いメンバーで毎週金曜・土曜日に練習し 市内外のお祭り・イベントに参加して 地域おこしの一端を担っています。毎年30数回のイベントに参加し 多くの方々との嬉しい出会いがあります。アスカ組の原点は『♪南中そーらん』ですが 数々の ♪よさこいソーラン のレパートリーも増えて 《楽しく元気に踊ること》 をモットーとしてメンバー全員 練習しています。